知事メッセージ

新潟の食の魅力を感じ、発信しよう

新潟県知事 花角英世

 まず始めに、新型コロナウイルスに感染された皆様に心からお見舞い申し上げます。また、医療従事者をはじめ感染リスクと向き合いながら最前線で社会生活を支えていただいている皆様に対して、改めて感謝申し上げます。今後も県内の感染状況や経済動向を見極めながら、必要な対策をとってまいります。
 さて、本県には、豊かな食・自然・文化など様々な魅力があり、これまで県民の皆様に、その魅力に気づき、外に向かって発信・表現していただきたいとお伝えしてきました。
 本県には、コシヒカリや新之助などの米を始め、ル レクチエやヤナギガレイといった全国に誇る様々な食材や、新潟の気候や風土が育んだ数々の郷土料理があります。そして、県内の料理人達がその食材等から多様な魅力と美味しさにあふれる料理を生み出し、県民だけでなく県外の方も魅了していると感じています。先般発表されました「ミシュランガイド新潟 2020 特別版」では、飲食店だけでも250余り掲載され、人口規模からすると他県より多く掲載されました。このことは、本県が、上質な食材が数多くあって食文化が豊かであることを物語っていると思います。
 是非、県民の皆様からも、お住まいの地域だけでなく、県内各所も訪れてみて、改めて新潟の食がいかに豊かで魅力的で、自信を持って自慢できる本県の魅力の一つであることを理解していただき、これを機会に、皆様一人一人が考える新潟の魅力を発信していきましょう。

▲ページTOPへ